手足口病に初感染(´Д`)有料施設かアンパンマンこどもミュージアムで貰ったっぽいね(苦笑)

こんにちは、8月になってしまいましたね〜。超お久しぶりなりんままですm(_ _)m

今年の夏は、家族全員体調不良で目白押し!(イベント盛りだくさん的な!?)な感じで、そろそろ打ち止めにしたいです。

ここ2ヶ月、りんまま片頭痛→りんまま風邪→一週間元気→りんまま片頭痛→主人風邪・超喉痛い(溶連菌疑い??)→りんままうつる→悪化・主人と二人で気管支炎(3週間ほど夜も眠れず…)→RINCO咳→りんまま熱風邪・軽い中耳炎(咳と同時期)→一週間元気→りんまま片頭痛→RINCO鼻水→RINCO熱→RINCO手足口病発覚!

…今に至る。ここ数日はまあボチボチみんな元気です。

皆様もお身体にはお気をつけくださいませm(_ _)m

と、いうことでRINCOの様子を絡めてレポートしてみます。。が、既に慣れっこなママさんもいらっしゃると思うので、そんな方はさらっと流してください。
初感染で右往左往しているママさんが少〜し安心できればと思いますが、基本的にはネット情報よりお医者様に直接聞いて確かめた方が賢明ですよね。まあ、小児科と皮膚科じゃ言うことが違う!とかあるかもしれませんが。。

スポンサーリンク

プールでしか感染しないと勝手に思い込んでいました。。

↓厚生労働省の手足口病に関するQ&Aページです

手足口病に関するQ&Aについて紹介しています。

心当たりがありすぎる感染経路

×飛沫感染(くしゃみ・咳)→ヨダレ・鼻水もここに入るのでしょうか?
×接触感染(患者がウイルスのついた手で触れたものを触り、粘膜をこする)→ヨダレ垂らしてる者同士が同じおもちゃで遊び、そのまま指しゃぶりとか??あと、目をこするとか
×糞口感染(オムツ交換など)

はい!特に接触感染!遊び疲れてくるとキッタナイ手でそのまま指しゃぶり(T_T)してるわ〜。
最近は大きくもなってきたし「丈夫になればいいや〜アハ〜」なんて思ってたけど、原因はその辺にありますね。

手足口病の潜伏期間は3日〜5日位のようですね(ばらつき有)

…と言われているのが多そうですね。初めての感染な為、発疹を見つけてから鬼の様に検索しまくりました。

ここのところ上記の様にみんなで体調不良だったため、買い物の外出さえあまりしないで、ひきこもり気味でした。
なので、簡単に感染ルートは想像できます。

今回はせっかく元気になったので、久しぶりに「ショッピングモールなどに入っている子供の有料施設」で遊ばせてあげたのと、たまたま「アンパンマンこどもミュージアム」の近くに用事があって、看板見ちゃったら入りたくなっちゃうよね〜(^ ^;)ノって感じで入れてあげたのが、ものすごく怪しい…。。

『それいけ!アンパンマンくらぶ』や『おはようアンパンマン』が夏休み向けにこどもミュージアム特集たくさんやっていて、とっても行きたがっていたので、親としては微妙な気分ですが…。

まあ、不特定多数の幼児が集まる場所の方が怪しいと思っちゃいますが、通常のスーパー・コンビニでの買い物でも感染した子供がいたり、たまたま同じものを触ったことで感染するかも知れませんね。

他人を感染させない様に気をつけることってあるの?

「買い物の時にものを触らせない様にするとか、外出をしないようにするとか。特に気をつけることはありますか?」
って、小児科で聞いたら

「とにかく感染は防ぎようがなく仕方のないこと。1ヶ月位は便から感染するかも知れない。保育園にも行っていいものだし、本人の具合がよければ普通に生活していいです」
と言われました。

・・・いいんか??それで。。Σ(¨□¨)

家族が気をつけることは?

◎搔き壊した水疱に触らない(ついたらよく石鹸で洗い流す)
◎お風呂(浴槽)に一緒に入らない→(シャワーにして、洗う時に水疱をつぶさないように気をつける)
◎タオルは共用しない
◎患者の食べ残しは食べない

などあげられるようですが、もううっかり下3項目は平気でやってました(ノ◇`;)アチャ〜
大人の感染はほとんどないそうですが、ママさんは感染しやすいそうですね。接触が濃厚だから。。。

うっかり接触で、私も主人も感染しませんでしたが、ウイルスの種類かもしれないし、RINCOの症状が軽かったのかもしれないし、その時の体調なのかもしれないし、定かではありません。
ちなみにうちの姉の体験談は「足の裏に水虫できたかと思ったけど、もしかしたらちょっとうつったのかも〜」です。。

外出については??

仮に感染しない湿疹・じんましんや肌荒れ等でも、肌の露出部分がひどく荒れてたら『感染るんじゃない?』って勝手に思われるのが現実。
手足口病って分かっていたら避けたいのは尚更でしょう。

とりあえずネット情報とかみると、水疱が乾くまでは、感染しやすいから登園しない方が良い。って書いてあるのが多い。

端的に言うと、迷惑掛けないようにするのと、仮に自分の子から感染しなくても他のママさんとの間に溝ができると思うので、控えましょうってことですよね。。

元気になって、どうしても外遊びがしたかったら、夕方誰もいなくなった公園で遊ぶのが無難そうですね。RINCOは小雨の日に誰もいない公園でお砂遊びにいそしみました。

RINCOリクエストによる、りんまま作『(アンパンマンこどもミュージアムの)虹のすべり台?』階段・通路付きです。

ハイ、どうでもいい写真でした。。

↓保育園などに通っている子の登園について参考になるページです

保育園に通わせている子供が手足口病にかかった時、やっぱり気になるのがいつから保育園に通わせてOKなのかということ。自分の子供が手足口病にかかったので、小児科の先生に聞いてみましたよ。どうやら保育園とお医者さんで考え方に差があるようです。

掻くな!と言っても掻き壊しちゃうこども、みなさんはどうしてるんだろう

先に結論を書くと…

すごく痒いのは3日位のようでした。それもその子の症状が軽い・重いで違ってくるでしょうから、うちのRINCOの場合です。

参考までに記事の一番下にRINCOの足(3日目)の写真を載せます。気持ち悪いといけないので、最後にしておきます(^ ^;)本当は『お尻』が一番ひどかったのですが、お見せする訳にもいかないので…。

4日目位から水疱が茶色くなり始めます。ぷくっとした水疱より目立って見えるので、この日が一番見苦しい感じでした。
掻き壊してなければ5〜6日位でさらっとカサブタが剥がれ、修復された肌が出てきます。
水疱をひどく掻き壊してしまうと、途中経過も腫れてだだれた感じになり、カサブタが取れた痕も赤い肌でした。
掻き壊さないのが一番ですが、色々対策してははみたものの・・・。無意識に掻きまくりですよ。。

一週間くらい経ちはじめてから、手足の爪の周りや指の腹の皮が剥け始めました。特に発疹もなかった所なんですよ?
ひどい人は少し経ってから爪が剥がれることがあるらしいので、もしかしてそれの軽い症状?なのでしょうか。機会があったらお医者様に聞いてみます。

更に数日経つと、膝や肘など、水疱にならなかった発疹(細かい赤いプツプツ)があった所などが剥けてきました。足の裏も少し剥けてきました。こ汚い状態です(- -;)

今回の対応は、飲み薬も塗り薬も処方なし

ウイルスをやっつける薬がないそうなので、処方薬なしです。
こどもなので飲む痒み止めとか貰えるかと、ちょっと期待はしていたのですが…。
まあ、病気としては大したことないんでしょうけど、ボリボリ掻き壊すし、寝てる間はもう制御できない。

正直、見てるこっちが全身かゆくなってくるわ〜(気分で…。)

小児科では保湿剤(普段乾燥性皮膚炎でもらっている薬)で良いって言われたけど、一応 非ステロイド系ウフェマナート製剤(ジフェンヒドラミン配合)のかゆみ止めを購入してみました。
最初にものすごく痒がっていた時はこちらをメイン使用にして、ステロイド剤は症状が落ち着いてからの使用にしました。

私が近所で購入したのは多分一部ドラッグストアのみしか流通していないようなマイナーな薬のようなので特に紹介はいたしませんが、ステロイド系だと発疹がひどくなる場合があるようなので注意した方が良いそうですね。

小児科の先生にステロイド剤使用について聞いた所「別に使ってもいいよ」ということでしたが、感触としては(りんままの解釈では)『そこまで強いのを使わなくても大丈夫じゃない』的な意味合いに取れました。

自宅にある薬(乾燥性皮膚炎等でもらっている薬)

先生に「保湿剤でいいよ」って言われたのが、このヒルドイドソフト軟膏のことです。
コレ、アンチエイジングに良いって子供が皮膚炎で処方された薬を使っているママさん多いみたいですが…(^▽^)
あと、手術痕のケロイドを治すのに処方されたことがあるので、傷跡が早く消えるようですね。私は今回、カサブタが剥がれた後にも使っています。

市販品だと似たような効果があるのは『アットノン』だそうですね。

特に早く痕が消えなくても問題ないなら、別に気にしなくても良いのですが、私は『プレ幼稚園のイベント』参加のためにとりあえず一生懸命クリーム塗り込んでみました(汗)

正直、搔き壊してない水疱の痕だって『薄いほくろ』のように目立ちます。その頃には他の子に感染させることはないでしょうけど、「アレ??」って思うママさんもいるはず!不安にさせるのも悪いですし。。。

上の『リンデロンVG軟膏』系のステロイド剤を皮膚科に行くと処方されるような記事を何件か読みましたので、ひどい場合は有効なのかも知れません。RINCOには虫刺されで腫れた時に処方されたものです。
掻き壊して腫れてしまった所(乾燥してから)に塗っておきました。

下の『アクアチム軟膏』は掻き壊し・とびび治療用に処方されていたものです。
掻き壊して水疱が割れてしまった所に塗りました。

あともう一つ、調剤してもらうタイプのクリームで『パスタロン軟膏・プロペト・ロコイドクリーム』入りのものがあり、それを水疱にならなかった小さな赤いプツプツに塗りました。
(調剤してもらうタイプで、同じ内容でも見た目は薬局さんにより違う容器になると思うので写真は載せません)

↓手足口病のかゆみに対する薬の情報がまとめられています

手足口病の原因を治す薬はありません。そのため、かゆみなどの症状を楽にするために抗ヒスタミン薬をよく使います。塗り薬(外用剤)と飲み薬があります。手足口病に使う主な薬の特徴と注意点について説明します。

掻き壊し対策にやってみたこと

体にシール貼るのと「アンパンマンのお熱とろ〜ね」がRINCO的に流行っているので「アンパンマンのムヒパッチ」購入。大きなに発疹に貼ってあげようと思いましたが、注意書きを読んでみると

×傷口・湿潤・かきこわし・ただれ・かぶれ・目の周囲・粘膜・顔

と書いてありますよ!かきこわしに貼るのはダメです!!
ギリギリセーフなのはぷくっと膨れた(まだ無事な…)水疱?
と思って貼ってみましたが、「アンパンマン〜♪」って喜んでいたのもつかの間、割とすぐに剥がされました。
ちなみに私が虫に刺されてない場所に貼ってみたら、結構地味〜にヒリヒリします。幼児の肌には刺激が強そうなので貼ってみようと思った方は、子どもの様子に注意しましょう(^ ^;)
自宅にあったら試してみても良いかもしれませんが、りんまま的にはあまりオススメではないです…。。

右側の白い減菌パッドは色々なサイズが売っているので、掻き壊しまくったところをまとめて保護するために使いました。水疱の搔き壊しから家族に感染するのでその対策とキズの保護という両方ですね。。

小さい搔き壊しは絆創膏対応ですが、↓アンパンマンばんそうこうは買ってあげませんでした。喜んだだろうけどね。。理由は『いたずらで体に貼りまくるのが既にくせになっているから!!』

RINCOは口内炎にまではならなかったようです

小児科では口の中も赤くなっていると言われました。
1日半ほど食欲がなく、アイスとかヨーグルトメインにしか食べなかったのですが、どうやら口の中が痛くて食べられなかったのではなく、単なる熱による食欲不振のようです。

なぜそう思ったかというと、2日目の夜(都合により、大人が美味しそうなものを食べていたら)口内炎があったら無理そうなものを、RINCOが普通にたくさん食べていたので『痛くない』と判断しましたが…幼児の事なので真偽は定かではありません。

熱は先か発疹が先か…は様々なようですね。。

RINCOは38.5℃。はじめはただの発熱だと思っていた私。
とにかく下げなきゃと思って、背中と首のリンパに保冷剤使いまくり(^ ^;)

どうでもいい情報ですが、チビ保冷剤をガーゼに包んで、寝ているRINCOの首の左右においたり、ガーゼの枕袋を作ってあるのでそれに保冷剤をいれて背中を冷やしたりしました(仰向け用)。横向きになったら、大きい保冷剤を背中に立てかけるとか。。背中用のアイスベルトを買えばいいんだけど、年1回使うかどうかなので…(背中を冷やすのは小児科で指導されました)

しかし、効果があったかは定かではない。。私の自己満足です。頑張ったから下がった〜♪的な。。手足口病の熱は1〜2日位で下がる子が多いようなので、下がるべくして下がったんでしょう。

本人が「アンパンマンお熱ピッタンする〜」と言うので貼りました。…って、熱があれば希望されなくても貼り付けるけどね・・。

毎日無駄におでこに貼っているRINCOに「こういう時こそ使うものだ」諭したい気分ですが、まだまだ分からないようです。。

熱は一晩で下がりましたが、
・軽かったから早く下がった?とか(またはその逆)
・発熱の長さと発疹の量は関係あるのか? など

他にも疑問が浮かんで来るのですが、先生にも聞けなかったので、結局わからずのままです。すべて個人差と言われればそれまでですが、もし分かったら追記します。

最後に参考までにRINCOの足ブツブツ画像をつけます。看病中の方いらっしゃいましたらお大事になさってくださいm(_ _)m

↓↓画像をご覧になる方のみスクロールしてください。

最後まで長々お付き合いありがとうございました。